<meta http-equiv="refresh" content="秒数;URL=URL"> 自動的に特定のページにジャンプさせる -HTMLタグ辞典
HTMLタグ辞典 自動的に特定のページにジャンプさせる
トップページ 戻る コミュニティ リンク ヘルプ
ページ テキスト フォント リンク イメージ リスト フレーム テーブル フォーム 意味 補助 その他
 HTMLタグ辞典 >> ページ >> 自動的に特定のページにジャンプさせる
タグ

 <meta http-equiv="refresh"
         content="秒数;URL=URL">

解説

 <meta>タグを使用することで、自動的に指定した秒数後に特定のページにジャンプさせることができます。 この設定は、サイトのURLを変更したときなどに、古いサイト上で新しいサイトのURLを知らせるときなどに使用するケースが多いです。 「秒数」のところに半角で数字を記述し、何秒で他のページにジャンプさせるかを指定します。 たとえば、5秒後にジャンプさせたい場合は、「秒数」のところに、「5」と記述します。 「URL」(ホームページのアドレス、または絶対パスか相対パスによるファイルの指定)のところには、ジャンプ先のページのURLを記述します。 自動的にジャンプしない環境を考えて、念のためジャンプ先のURLを記述した通常のリンクも、ページに記述しておくと良いでしょう。

ブラウザ

  このタグは Internet Explorer に対応しています。 このタグは Netscape に対応しています。

使用頻度

  (3/5)

HTMLのバージョンを指定する
HTML文書であることを示す
ページ情報を記述する
ページの表示を設定する
ページの余白を設定する
メタ情報を記述する
ページをリロードさせる
自動的に特定のページにジャンプさせる
ページタイトルを記述する
基準となるURLを指定する
本文を記述する
文書の色を設定する
リンクの色を設定する
背景色を指定する
背景画像を設定する
背景画像を固定する
「お気に入り」のアイコンを指定する

属性 解説
http-equiv refresh

http-equiv属性にrefresh値を設定します。
(例) http-equiv="refresh"

content 秒数;URL=URL

content属性に指定した秒数後に指定したURLにジャンプさせることができます。
(例) content="10;URL=URL"

サンプルソース
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>サンプルページ</TITLE>
<meta http-equiv="refresh" content="5;URL=http://www.newcredge.com">
</HEAD>
<BODY>

5秒後にジャンプします。<br>
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。
<br>
<br>
<a href="http://www.newcredge.com">http://www.newcredge.com</a>

</BODY>
</HTML>

サンプルページ
※上記のサンプルソースで記述されたHTMLファイルを、
お使いのブラウザでご覧いただけます。


関連ページ


PAGE TOP
トップページ 戻る コミュニティ リンク ヘルプ


アクセス 昨日 今日 Copyright (C) NEWCREDGE GROUP All Rights Reserved.